国内で販売している安全性が問われるレンズ製法があります。

キャストモールド製法とサンドイッチ製法という高性能製法で目に障害を与えない安全なレンズ製法になります。

共通することは、レンズの着色料が目に付着しないようにレンズに封じ込めるしくみです。

そのため着色が目に直接触れる心配がありません。

 

キャストモールド製法について


1枚のレンズの中に着色を封じ込める技法でつくられたカラコンになります。

そのため、レンズは薄く仕上がっているので、非常につけ心地がいいカラコンです。

取り扱いを少し慣れる必要があります。

メリットは、柔らかいレンズとなる為に着け心地の良いです。

コンタクトレンズに違和感を感じやすい人や長期間レンズを装着する人に使いやすいでしょう。

 

サンドイッチ製法について

2枚のレンズの中に着色を挟んだ技法でつくられた安全性に優れた丈夫なカラコンになります。

そのため、レンズは厚く仕上がっているので、硬くなります。

最近では厚みが薄くなってきています。

メリットは、角膜が炎症を起こす可能性が低くなります。

 

レンズはデリケートです!

よく巷で、綿棒でレンズをこすってる場面を見ます。

キャストモールドのレンズ仕様は大変薄くつくられていますので、当然綿棒で擦ると破れてしまいます。

それほど繊細なレンズですので安全でも手荒に扱うと破損や破れの原因になります。

レンズはとてもデリケートですので、取り扱いは丁重にしましょう。

 

レンズの着色料って危険なの?

着色料は危険なのか?という話ですが、実はこのカラコンに使われている着色料の素材に関しては明確にされていません。

ただ、カラコンとして販売を行う上で現在は許可も必要になっていますし、その上で「目には悪影響を及ぼさない素材」が使われていると言われています。

でも、個人輸入の取扱店もありますので激安などの謳い文句で販売している所は製法が怪しいかもしれません。

必ず、国内認可のある信頼できるメーカーの製品を選ぶことが一番大切と言えます。

目の状態には個人差がありますので、ご自分の目の状態や使用目的に合わせてカラコンを選びましょう。

国内で販売されているカラーコンタクトは、まず安全

日本でカラーコンタクトレンズを販売するためには厚生労働省に認めてもらい、試験をクリアし「高度管理医療機器番号」をもらった商品でなければ販売できません。

「高度管理医療機器番号」を持っている時点で、先ほどの「サンドイッチ製法」か「キャストモールド製法」で製造されているはずです。

韓国産のカラコンだって安心!!

韓国・中国の工場で作られたカラコンはやばい!!

このデマも頻繁に流れますが、高度管理医療機器の承認を受けて、国内に流通しているカラーコンタクトのほっとんどが「韓国」「台湾」「中国」などの海外製です。

日本のコンタクトの製造技術は古くて遅れているので、海外の最新で経験豊富な高い技術力の向上で作った方が逆に(?)安全なのです。